30歳リーマンのまったりブログ

キャンプやDIYについて紹介します。

Amazon Hubロッカーを試してみたらクリスマスにぴったりというのが分かった!

キャンプ用品のみならず

商品購入の主流となってきた通販

 

そんな通販で厄介なのが

受取のタイミングではないでしょうか。

f:id:green_pepper:20211118194019j:plain



時間指定に設定しても

その時間帯にいなければなりません。

 

時間指定とはいえ、

最長2時間待機しなければなりません。

 

しかし、

最近ではその手間も省けるように

街中のいたるところにロッカー

設置され始めました。

 

今回はAmazon Hub ロッカー

使用レポートをご紹介します。

 

 

Amazon Hubとは?

通販大手Amazonが提供する

商品受取サービスです。

 

方法は2つ

カウンター方式ロッカー方式です。

 

カウンター方式対面式

設置されている店頭に行き

商品を受け取る方式です。

 

今までの郵便局留めや

配送所留めと似ています。

 

ロッカー方式非対面式

店舗内などに設置されているロッカーで

商品を受け取る方式です。

 

今回はロッカー方式での受け取り

試してみました。

www.amazon.co.jp

Amazon Hub ロッカーの設定

Amazon Hub ロッカーで受け取るため、

配送先を自宅ではなく

ロッカーに設定します。

 

ネット上で「お届け先住所」

「近くのスポットで受け取る」から

好きなAmazon Hub ロッカーを

選択するだけです。

 

店舗内など

ロッカーの設置場所によっては

店舗営業時間内でしか受取れない場合も

あるため要注意です。

 

これで指定したロッカーに

配送されるので

配送通知が来るのを待ちます。

f:id:green_pepper:20211118194153j:plain



配送通知

商品がロッカーに到着すると

配送通知が送られてきます。

f:id:green_pepper:20211116064929j:plain

商品受け取りの際には

配送通知に表示される

「バーコード」「認証キー」

必要となります。

f:id:green_pepper:20211116064934j:plain

また、

ロッカーでの保存期間は3日間です。

 

それ以上経過すると

商品は返品されてしまうので

通知が来てから3日以内に

受け取りましょう。

 

実際に受け取ってみる

それでは実際に商品を受け取ってみます。

f:id:green_pepper:20211116064915j:plain

今回利用したAmazon Hub ロッカーです。

 

歩道に面した場所にあるため、

24時間いつでも受け取り可能です。

f:id:green_pepper:20211116064923j:plain

画面にタッチして受け取りの手続きを

開始します。

 

と言っても、

赤いランプが光っている部分に

バーコードをかざして読み取るか

タッチパネルで認証コードを入力する

だけです。

f:id:green_pepper:20211116064924j:plain

入力が終わると、

商品が保管されているロッカーの扉が

自動で開きます。

f:id:green_pepper:20211116064926j:plain

中に入っている商品を受取って完了となります。

 

開けたら扉は閉めておきましょう。

 

受取確認通知

f:id:green_pepper:20211116064937j:plain

商品受け取り後には

Amazonから受取確認通知

送られてきます。

 

恐らく、盗難防止対策

本人以外が開けた場合や

事故で開いてしまった場合を想定して

通知が来るのでしょう。

 

使ってみたらリピートあり!

今回初めてAmazon Hub ロッカーを

使ってみました。

 

仕事帰りに気軽に受け取れ

時間指定配達のように待機している手間

もなく、

非対面で受け取ることが出来るため、

時間を有効活用できるなと感じました。

 

置き配などは、

セキュリティ面設備面での

課題があります。

 

しかし、

Amazon Hub ロッカーは

認証キーと既設ロッカーを利用するため

置き配よりも安心して受け取れると感じました。

 

Amazon Hub ロッカーにも弱点が!

ただ、

Amazon Hub ロッカーにも

弱点があります。

 

以下の項目を満たさないと

利用することが出来ません。

  • 発送重量が4.5 kg未満
  • 寸法が42 x 32 x 25 cm未満
  • Amazon.co.jpが発送する商品
  • Amazon定期おトク便ではない
  • 危険物を含まない商品

いわゆる小型商品でないと

利用することが出来ません。

 

ただ、

Amazonではレジでの精算時に

ロッカー配送可能商品かどうか

自動で判別します。

 

ロッカー配送可能であれば

「お届け先住所」の選択肢にロッカーが

加わります。

 

冬の時期こそ有効活用!

 

これからの時期はクリスマス!

 

こっそり用意したいプレゼント

Amazon Hub ロッカーを活用して

準備してみるのも良さそうですね!

f:id:green_pepper:20211118194133j:plain